よく嚙んで食べる」ことは東洋医学の食養生の視点から消化と吸収の働きをよくする効果があるとされていますが、ほかにも歯やロの衛生面や脳への刺激などの効果があります。


1.唾液の分泌促進と効能
よく嚙んで食べると唾液の分泌が促されます。唾液には、消化吸収を助けたり、口腔内の健康維持、感染症予防などさまざまな働きがあります。睡眠中は、唾液の分泌が少なくなりますので、就寝前の歯磨きは、忘れずに行いましょう。
①虫歯や歯周病を防ぐ

②□の中の粘膜を保護する


③ 口の中の細菌の増殖を抑えて細菌感染を防ぐ


④ 食べ物を飲み込みやすくする 

⑤胃腸での消化吸収を助ける


2.肥満の予防
少量でも満腹感を得られやすくなり、食欲が抑えられます。反対に早食いの人ほど肥満度が高いという研究報告もあり、早食いは満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまうと考えられています。


3.脳の活性化
よく嚙んで味わうことで食感や味覚によって脳を刺激します。また、嚙むことで咀嚼筋(そしゃくきん)という食べるための筋肉を反復運動させるため、脳への血流量が増加します。


食事を味わう習慣をつけよう
① 1口30回以上、よく嚙んで食べる
(厚生労働省『嚙ミング30 (カミングサンマル)』運動より)
② 1回の食事時間は最低30分はかける