不妊症、特に排卵障害の原因として近年、上昇傾向にあるのが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)です。

月経不順で悩んでいて、なかなか妊娠しないと心配になってクリニックを受診したら、実はPCOSだったという方も多いと思います。

そこで、今回は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊についてご紹介します。

PCOSとは?

PCOSは、卵巣機能に異常をきたすものです。

人の卵巣では卵胞という卵子の素もとが成長し、正常であれば成熟した卵胞から卵子が毎月一個ずつ排出されます。

これが排卵です。通常卵胞は一つのみが完全に成熟し、それが破裂して、そこから卵細胞(卵子)が飛び出す形で排卵します。

しかし、多嚢胞性卵巣症候群の場合、卵巣内での卵胞の生育が上手くいかず、排卵がきちんと行われません。

PCOSでは多数の卵胞がいっぺんに大きくなり、未成熟のままその成長が止まってしまい、破裂しないために中の卵子が排出されません。

PCOSは超音波で卵巣を見ると、10mm前後の均等な大きさの卵胞が一列に数珠つなぎに見えることが多く、卵胞はこれ以上大きくなりません。

PCOSの原因とは?

原因のひとつとして最も重要なのは、インスリン抵抗性もしくはインスリンの血中濃度が高まること(糖分の摂り過ぎ)と肥満です。

特に幼少期の肥満が非常に影響を与えると言われています。この他には環境汚染、食品添加物などの化学物質、慢性的な炎症などがあります。

PCOSの原因であるインスリン抵抗性は、長期間に渡る糖分、主に砂糖のとりすぎが引き起こしますが、糖尿病、高血圧、心臓病、脳梗塞、ガン、腎臓病、非アルコール性肝脂肪または肝炎を引き起こしやすくなります。

また、同時に甲状腺機能低下症を引き起こしているケースがよく見られます。

PCOSは男性ホルモンが上昇するのが特徴で、男性ホルモン値は診断にも使用されます。

①糖質の多い食事で食後高血糖
(グルコーススパイク)
 
      ↓

②血糖を下げるホルモン、インスリンの大量放出される
      

      

③繰り返すうちに、インスリンが効かなくなる
(インスリン抵抗性)
 
      ↓

④卵巣での「男性ホルモン」産生増加
 
      ↓

⑤卵胞の発育に異常が起こりPCOSになってしまう

PCOSには糖質制限が効く?

PCOSの方は、一般的にインスリン抵抗性が高く、糖尿病との関連が指摘されています。

また、PCOSではない方と比べて、卵巣組織等へ沈着したAGEs(糖化最終生成物)が多いとされ、PCOSの方の卵子の質が悪いことが多い理由の一つとも考えられています。

そのため、インスリンの過剰分泌を正常化するという意味では、糖質制限食が症状を緩和させる方法だと思います。

出来るだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後の高血糖を防ぎましょう。